TAG

アパレル資材

タグ「アパレル資材」では、主資材・副資材(服飾資材・商標資材)迄、アパレル製品に欠かせないアパレル資材・ファッション資材に関するお役立ち情報をおまとめしています。

  • 2023年2月1日

レイヤリングの素材とアイテム-03 ミドルレイヤー(インサレーション)編

近年インサレーション素材の性能は格段にアップしています、特にアウトドアアクティビティにおいてはかつてのダウン(羽毛)に較べ保温力の劣る素材という印象よりも濡れに強く速乾性がある汎用性の高い素材としての価値が見直されています。一方で商品の種類も多く用途に合わせてそれぞれの素材の機能やスペックの違いを知ってインサレーションを選定しさらに最適な表地や裏地素材と組み合わせることで目的に合った機能性を備えたアイテムを企画することが必要です。この記事ではインサレーションを選ぶ際の参考にしていただけるように商品のアウトラインをメーカーの情報と合わせて紹介しています。

 
  •  
    • 2022年12月27日

    すごい機械、シャトル織機が織るネーム!付属屋社長が製造現場を行く!

    製造現場を行く旅の3回目。前回に引き続き福井県にあるブランドネームを作る工場へ。織ネーム作っていますが、前回見た工場の機械とはまったく違う機械が動いていました!この工場を見ずして織ネームを語るべからずです。そんなすごい工場を紹介します。

     
  • ,
  •  
    • 2022年12月27日

    ブランドネームはブランドの隠れた顔!付属屋社長が製造現場を行く!

    付属屋社長が製造現場を行く!今回は福井にあるブランドネーム、転写マークを製造している日本ダムさんとジャパンポリマークさんを訪問。どちらも品質管理、ブランド管理を徹底。ブランドネームはブランドの隠れた顔なのです。

     
  • ,
  •  
    • 2022年12月26日

    オリジナルのロゴ入りボタンが作れる「レーザー加工」の種類と費用

    オリジナルでロゴ入りボタンを作成する方法として、初期費用を抑えられ、100個からの小ロットでも作成できる「レーザー加工」をご紹介します。ボタンのレーザー加工とは、レーザーを使ってボタンにブランド名やロゴ、柄などを入れる加工です。本記事では、オリジナルボタン作成の予算感や、オリジナルボタンのレーザー加工の種類として、ロゴを入れる位置、ボタンの素材ごとのレーザー加工を入れたときの色の違いや、スミ入れ等の後加工、マトーネ加工などの変わり種レーザー加工をご紹介しています。

     
  • , ,
  •  
    • 2022年12月23日

    ベトナム副資材メーカーを訪問! 付属屋社長が製造現場を行く!

    ベトナムのホーチミンの副資材メーカーを訪問してきました。今回の生産現場をみて感じたのはどこの工場も一緒で製品の品質的には問題なさそうですが、管理面での不安を感じました。また、それ以上に私たちの出すオーダー数量の少なさがネックです。これは副資材に限らず、アパレルの出す縫製のオーダーでも同じことが言えます。

     
  • , ,
  •  
    • 2022年12月23日

    ボタンづくりのこだわり!ポリエステルボタン工場の社長、工場長に直撃インタビュー!

    和歌山のボタンメーカーに訪問し、ボタン作りへの思いやこだわりについて社長、工場長にインタビューしてきました。たかがボタン、されどボタン。細部へのこだわりがブランドを作っていく。そんなことを感じたインタビューでした。

     
  • , ,
  •  
    • 2022年12月23日

    ボタンの産地、和歌山を行く!ポリエステルボタンの製造工程を見た!

    日本でボタンの産地というと和歌山県の名前が上がります。これは何故なのか?今回、和歌山にあるボタンメーカーを訪問してきてその謎を解き明かしました。そして、ポリエステルボタンの製造工程をじっくり見てきました。かなりの手間がかかっています。その工程も紹介します。

     
  • , ,
  •  
    • 2022年12月1日

    レイヤリングの素材とアイテム-01 ベースレイヤー編

    アウトドアがひとつの大きなトレンドになり、素材の進化によって様々なアイテムが商品化され市場に溢れている中でどのような素材のアイテムを選んで着用するのかが、アウトドアーでもタウンでも快適に過ごすための方法としてレイヤリングと言う考え方が当たり前になりつつあります。そんな中で素材の特性からアイテムを理解することが重要だと考え素材から見たベースレイヤーアイテムと言う観点でまとめました。この記事を読んでいただければベースレイヤー素材とアイテムへの理解が深まります。

     
  •