瀧澤 則夫
AUTHOR

瀧澤 則夫

株式会社クロップオザキ マーケティング・新規開発部 営業
当メディア編集部・著者

1961年 東京都出身。30代で以前から興味のあった染織を大塚テキスタイルデザイン専門学校夜間部で学びテキスタイル企画販売職となる。2004年7月よりクロップオザキに在職、繊維の基礎的な知識と幅広い産地背景から顧客のニーズに合わせたフレキシブルなテキスタイル提案を行っている。ものづくりでは草木染色・化学染料による染色・プリント・糸紡ぎ・編み物から織物まで一通りの制作経験と知識に基づいたアドバイスも行う。現在でも余暇に製作している廃棄されるテキスタイルをアップサイクルした裂き織りコースターは手元に残らないほど好評。

プライベートでは、高校時代から、週末のほとんどを野外で過ごすなど、自然に深く傾倒しており、自然に関わる活動を積極的にしている。大学在学中は、地域児童の自然体験キャンプを主宰する団体の事務局を担当。卒業後は相模原市の留守家庭児童ホームで11年間指導員をしながら児童向けの体験キャンプを主宰。現在は、老若男女を山野に連れて出してプリミティブな体験をしてもらうことがライフワークとなっており、クロップオザキでも2013年から取引先様や同僚を伴って年に数回ハイキングやキャンプに出かける遊山計画(おっぱい山探検隊)を主宰している。

ミッションは失われてしまった素晴らしい地球環境復元して500年後の子孫に残すこと…誇大妄想Innovatorです。

  • 2024年5月21日

杢(もく)・杢調ってなに?

色・柄・材質・凹凸感・手触り…etc、無限にあるといえるテキスタイル表現の中で、杢調・TOP・メランジ・ムラなどと呼んでいる見え方は一つの重要なカテゴリーと言えると思います。このような表現には人為的なコントロールが難しい要素があり、しかしそこに素材の深みと味わいを感じます。

  
  • 2024年5月13日

ポリエステルとナイロン(違いと共通点)徹底比較!

ポリエステルとナイロンはどちらも石油を原料として合成された樹脂から紡糸された合成繊維です。ポリエステルは加工によって様々な風合いや機能を持たせることができることでレディスファッション・ワークウェア・スポーツウェア・インテリア・産業資材など幅広く使われ、ナイロンはどちらかというとスポーツやカジュアル向けのウェアに用いられることが多い繊維です。

  
  • 2024年4月16日

糸の原料・種類・番手を徹底解説!

糸はテキスタイルを構成する主素材で縫製や意匠にも必須の素材です。さまざまな素材や太さの糸があり、その組み合わせは無限です。素材によって糸の太さを表す番手の表記方法が違うことで糸を理解するのが少し難しく感じる人も多いと思います。この記事では初心者の人にも、ある程度キャリアのある方にもできるだけ体系的に分かりやすく、主要な糸の素材や種類、番手について解説しています。

 
  • , ,
  •  
    • 2024年3月21日

    衣料品の廃棄・リユース・リサイクルの現状

    国内の繊維製品の生産量やリユース・リサイクルの現状はどうなっているのか?経済産業省がHPで開示している「繊維製品における資源循環システム検討会報告書」から報告書の前半部分の国内繊維産業の資源循環における現状を3分で読めるようにまとめたのでご一読下さい。

     
  • , , ,
  •  
    • 2024年2月26日

    コットンとポリエステルどっちが環境にやさしい?

    さまざまなメディアで持続可能性・サスティナブル・温室効果ガス削減・SDGsという言葉を目や耳にしない日はありません、レジ袋G有料化されましたがコンビニでは代わりにお手拭きをつけてくれます。ファッションの世界でも環境に良いとされる商材が次々に現れているけれども本当に変化は起こっているのでしょうか?それとも…

      
    • 2024年2月15日

    セルロースとはなにか? textileコラム⑪

    古くから衣食住にさまざまなかたち利用されて来た植物繊維セルロース。コットンの繊維もほぼセルロースで出来ていますがセルロース繊維は地球上で最大のバイオマス資源としても地球環境に大きな役割を果たしています。このセルロースとは一体なんなのか?来歴から最新の利用方法まで解説しました。

     
  • , ,
  •  
    • 2024年1月24日

    【テキスタイル初心者必見!プリントの基礎と実践知識!】

    テキスタイルのプリント(捺染)についての基本的な技法や知識をまとめました。インクジェットプリンターの普及でプリントの世界も大きく変わって来ていますがそれでもシルクスクリーンプリントがテキスタイルプリントの主流です。テキスタイルを学ばれている方やデザイナー志望の方にも生地プリントの全体像の理解にお役に立つ内容です。

     
  • , ,
  •  
    • 2023年12月27日

    化石燃料と植物繊維の意外な関係 textileコラム⑩

    サスティナブル・エコ・カーボンフリーなどの言葉を頻繁に耳にするようになって久しいです。「地球にやさしい」「環境にやさしい」パッケージの商品をも目にしない日はないですが裏腹に戦争は長引き、環境先進国と言われるドイツは褐炭の露天掘り生産量を増やしています。今回は自戒の意味も込めて化石燃料とセルロース繊維をテーマに書きました。ご一読いただければ幸いです。

     
  • , , , ,
  •  
    • 2023年12月14日

    バイオ加工とは textileコラム⑨

    繊維の業界にいると生地やデニムの加工などで良く目にするバイオ加工について調べてみると知らなかったことや間違って理解していたことが色々とわかってきて面白かったです。バイオ加工の仕組みやセルロースの分解について知るとプラスチックの原料である石油とバイオマス原料として注目されているセルロースの意外な関係もわかって来ました。

     
  • , ,
  •